研究者情報

氏名 船勢 肇
生年 昭和51年(1976)
所属・職名 幼児教育学科
助教
学位・資格 博士(人間科学)
中学社会・高校地歴専修免許
高校公民1種
学芸員
最終学歴 大阪府立大学大学院人間社会学研究科博士後期課程人間科学専攻(博士後期課程)修了
職歴 平成21年 4月~平成31年 3月
 大阪府立大学客員研究員
平成26年 9月~平成29年 3月
 池田市教育委員会市史編纂員
平成30年 4月~平成31年 3月
 大阪芸術大学特任講師
平成31年4月~
 長崎女子短期大学幼児教育学科助教
担当科目 教育原理(教育史を含む),保育原理,保育者論
研究分野 日本史・思想史・教育史
研究テーマ 近現代日本の大学自治論
研究業績等 著書・学術論文等の名称 単著・共著の別 発行・発表年月
「職責としての大学自治」論 -滝川幸辰を中心として- 単著 日本史研究541,2007年9月
大学自治論の相克に関する一考察 末川博の高等教育論を事例として 単著 京都大学大学文書館研究紀要6,2008年1月
田中耕太郎の高等教育論とその思想史的位置について 単著 ヒストリア213,2009年1月
大阪狭山市史 第4巻 共著 大阪狭山市史編さん委員会,2012年3月
蝋山政道における自然的秩序と大学自治論 大学行政・大学教育の原理を求めて 単著 阪南論集 人文・社会科学編49(1),2013年10月
幼児教育者・倉橋惣三と児童虐待防止法 その相対的位置について 単著 阪南論集 人文・社会科学編50(1),2014年10月
大学自治論に関する研究史とその課題 デモクラシーと中間領域 単著 NORTRE CRITIQE 8,2015年5月
大学事典 共著 平凡社,2018年6月
高等学校の日本史における国民国家論の成果をふまえた授業実践 松尾芭蕉の旅程を題材として 単著 長崎女子短期大学紀要 46, 2021年3月
学問の自由の国際比較 歴史・制度・課題 共著 岩波書店, 2022年3月
所属学会と活動状況(芸術分野においては展覧会・音楽会等での活動も記載)
日本史研究会,大阪歴史学会,大阪歴史科学協議会,大学史研究会,教育史学会,大学教育学会,関西教育学会,幼児教育史学会
社会的活動(公的役職も記載)
大学史研究会事務局員
その他(上記以外のもので記載すべき事項)
 

更新日:2022/03/16 21:14