研究者情報

氏名 橋口 亮
生年 昭和31年(1956)
所属・職名 生活創造学科栄養士コース
教授
学位・資格 農学博士
最終学歴 日本大学大学院農学研究科食品工学専攻博士後期課程修了
職歴 昭和62年4月
 長崎女子短期大学 講師
平成3年4月
 長崎女子短期大学 助教授
平成14年4月
 長崎女子短期大学 教授
担当科目 食品学I・II,食品学基礎実験,食品学実験,食品加工学・機能論, 食品加工学実習,卒業研究
研究分野 食品加工学
食品科学
研究テーマ 長崎県の食材を利用した加工食品の研究
研究業績等 著書・学術論文等の名称 単著・共著の別 発行・発表年月
マアジの酵素分解物を配合した揚げかまぼこに含まれる総脂質の一般性状について 共著 長崎女子短期大学紀要第32号,2008年3月
アカモクおよびコンブの酵素分解物の配合がカマボコの食感に及ぼす影響について 共著 長崎女子短期大学紀要第33号,2009年3月
酵素分解した野菜・果実類の加工食品への利用について 共著 長崎女子短期大学紀要第34号,2010年3月
平成22年度大学教育推進プログラム「長崎食育学を活かした食文化伝承と情報発信」の採択と展望について 共著 長崎女子短期大学紀要第35号,2011年3月
長崎食育学の今後と展望 ~在学生アンケートから見えること~ 共著 長崎女子短期大学紀要第36号,2012年3月
長崎天ぷらの衣に対する砂糖の効果について 共著 長崎女子短期大学紀要第36号,2012年3月
酵素処理したアスパラガス茎部の利用について 共著 長崎女子短期大学紀要第37号,2013年3月
酵素処理したアスパラガス茎部の利用について(第2報) 共著 長崎女子短期大学紀要第38号,2014年3月
長崎和牛「出島ばらいろ」の脂質に関する研究 共著 長崎女子短期大学紀要第39号,2015年3月
トランスグルタミナーゼ製剤の添加がクジラ肉のソーセージパテに及ぼす効果について 共著 長崎女子短期大学紀要第40号,2016年3月
トランスグルタミナーゼ製剤の添加がクジラ肉のソーセージパテに及ぼす効果について(第2報) 共著 長崎女子短期大学紀要 41, 2017年3月
トランスグルタミナーゼ製剤の添加がクジラ肉のソーセージパテに及ぼす効果について(第3報) 共著 長崎女子短期大学紀要 42, 2018年1月
トランスグルタミナーゼ製剤の添加がクジラ肉のソーセージパテに及ぼす効果について(第4報) 共著 長崎女子短期大学紀要 43, 2019年3月
所属学会と活動状況(芸術分野においては展覧会・音楽会等での活動も記載)
日本食品保蔵科学会
日本食品科学工学会
食農教育推進フォーラム講演(長崎県JA中央会主催)「独自カリキュラムで美味しく楽しく地産地消」(平成22年3月)
社会的活動(公的役職も記載)
日本食品保蔵科学会評議員
ながさきの「食」夢市場運動推進委員
ながさきの「食」夢市場運動推進委員会料理部会会長
その他(上記以外のもので記載すべき事項)
 

更新日:2019/03/26 21:36